100周年

   ホーム  >  100周年 [ テーマ・キャッチフレーズ・ロゴ ]
 テーマ・キャッチフレーズ・ロゴ
八高百代(はちこうはくたい)~世紀を(かけ)る解なき問いへの挑戦!



創立100周年記念統一テーマ 「八高百代(はちこうはくたい)」

百代(はくたい)」とは、李白「()れ天地は万物の逆旅にして光陰は百代の過客なり。」

また、松尾芭蕉「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」の「百代」であり、「百年」のみならず「永遠」の意味です。「ちこうくたい」と頭韻にもなっており、響きとリズムも印象的にしています。



キャッチフレーズ 「世紀を(かけ)る解なき問いへの挑戦!」

「世紀を(かけ)る」とは、「世紀を賭した、長い年月を賭けた」と、「2つの世紀にまたがって」「新しい世紀に向かって」という意味と、更に「未来に向かい長い年月にわたって飛翔し続ける」の意味を込めています。「解なき問い」とは、自分自身の在り方、未来の社会、人が生きる世界、幸せの定義等々、これらに一つだけの正解があるわけではないこと。「挑戦」とは、八幡高校は、生徒一人ひとりが、また学校として、これらの解を追求し、心豊かで幸せな社会の創造に挑む。という創立百周年に当たっての決意を表しています。



ロゴマーク
 

八高100年の歴史を造り、彩り、支えてきた生徒達の横顔をシルエットで表現しています。カラーの緑は「若い力」を、赤は「熱い心」を、青は「健やかな体」をイメージしています。

 

 

100の数字を貫くのは、100年を翔けてきた、そして次の100年を飛翔する、溢れる力と真っ直ぐな思いです。その直線と数字には勢いのある毛筆のタッチを使い、「挑戦」の決意を力強く表現しました。配色も赤と黒だけのシンプルで潔いものとしました。


これら2つのロゴマークは、生徒・職員・同窓会等広く公募し、寄せられた多くの作品の中から生徒・職員の意見を聞きながら選びました。

選ばれたこれら2つのロゴマークは、高校23期の松本剛さんによる作品です。 

 




讃歌斉唱時の歌詞変更について

  

讃歌2番の歌詞を「春秋めぐる90年」から「春秋めぐる一世紀」へ変更します。


 ホーム
福岡県立八幡高等学校
〒805-0034福岡県北九州市八幡東区清田3丁目1-1
Tel:093-651-0035  Fax:093-651-8101
Copyright(C)2009 yahata85. All rights reserved