学校紹介メニュー

 学校紹介TOP

 校訓・校章

 八高の歴史

 校歌・讃歌

 制服紹介

 校内点描

 クラス編成

 八高生の一日・時制









校訓

ちよろづの教えのもととまもれ人 誠ひとつのひとすじの道

朝夕に磨けとてこそ仰ぐなれ 心の鏡くもりなきまで


 本校の校訓は二首の和歌からなり、全国でも大変珍しいものです。この歌は初代芹沢政衛校長が詠んだもの「心の鏡に映しみて自らを常に顧み、誠一筋の道を歩む」との願いが込められています。草創期より連綿として受け継がれ、同窓会も校訓にちなんで「誠鏡会」と称しています。



校章の由来

 昭和23年4月の学制改革に伴い、旧制八幡中学から新制八幡高校に移行したとき、この校章が制定されました。高を囲む円は本校の校訓である「誠」「鏡」から鏡を図案化したもので、「心の鏡」「鏡の如く曇りない公明正大の精神」を意味しています。
 周りに3本のペンを八幡高校のイニシャルであるY字型に配置していますが、これは「3S精神」(Spirit・Study・Sport)を意味し、不撓不屈の精神のもと文武両道の八高生たれとの願いがこめられています。

〒805-0034  福岡県北九州市八幡東区清田3丁目1−1 Googleマップ
所在地を確認する
   福岡県立八幡高等学校 TEL 093-651-0035  FAX 093-651-8101